沿革

沿革 ( 茨木市薬剤師会のあゆみ )

1890年(明23)
4月 11日
大阪薬剤師会を結成 会長 町田 伸
府下(茨木等)在住の薬剤師が会員となる
1901年(明34)
9月 15日
日本薬剤師会大阪支部に改組
支部長 平山 松治
1909年(明42)
8月 22日
社団法人日本薬剤師会大阪支部に改組
支部長 塩見 伊八郎
1926年(大15)
6月 17日
公法人大阪府薬剤師会に改組
1943年(昭18)
12月 23日
大阪府薬剤師会に支部制認可
三島支部長(茨木・高槻・摂津)樋田 義徳が就任
1948年(昭23)
8月 26日
大阪府薬剤師協会に改組、三島支部が組織される
三島(茨木・摂津等)支部長 樋田 義徳
1952年(昭27)
12月 27日
社団法人大阪府薬剤師会三島支部に改組
支部長 樋田 義徳
1958年(昭33)
2月 11日
大阪府薬茨木支部及び任意団体茨木市薬剤師会を設立
会長兼支部長 阪本 重明が就任
1959年(昭34) 茨木市学校保健会創立(以来毎年1~2回学校保健大会開催 幼稚園、小・中学校の学校保健優良児童・生徒の表彰を行う)副会長として茨木市薬剤師会の樋田 義徳(以後、歴代の副会長には薬剤師会会長が選出される)理事として同会の梅田 義雄、阪本 重明、望月 邦彦が参画茨木市学校薬剤師会も同時に創立 初代会長 樋田 義徳(~昭48)幼稚園、小・中学校に6名の学校薬剤師任命
1962年(昭37)
4月 1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 山下 賢二郎が就任
1964年(昭39)
4月 1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 阪本 重明が就任
1966年(昭41)
4月 1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 山下 賢二郎が就任
1968年(昭43)
6月 25日
茨木薬業協同組合(理事長 梅田 義雄)の創設に全面的に協力
1970年(昭45)
4月 1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 樋田 義徳
1971年(昭46)
4月 1日
第1回薬医学講座を開設
第20回(1975年)薬医学講座まで続行
1972年(昭47) 茨木市のベッドタウン化に伴う人口増加により学校薬剤師を15名に増加
1974年(昭49)
4月 1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 望月 邦彦
学校薬剤師会会長に阪本 重明が就任(~昭55)
1977年(昭52)
12月 16日
茨木市保健医療センター(茨木市春日3丁目)が開設されセンター薬局の当番及び市民健康診断の衛生検査等に協力(事務所開設)
1978年(昭53)
4月 1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 山下 賢二郎が就任
1980年(昭55)
4月
茨木市薬剤師会による学校検尿推進の提唱
学校薬剤師会会長に柚木 国光が就任
1982年(昭57)
4月1日
任意団体茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 石瀬 豊一が就任
1990年(平02)
12月 27日
社団法人茨木市薬剤師会を設立 会組織を全面的に改組
積極的に市民衛生・健康管理及び医療管理の支援体制を整備
1992年(平04)
6月 15日
茨木医薬品備蓄センターを開設
医薬分業の円滑な推進に万全を期す
1993年(平05)
4月 1日
社団法人茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 中西 良二が就任
1997年(平09)
4月 1日
社団法人茨木市薬剤師会及び府薬支部
会長兼支部長 阪本 一平が就任
1999年(平11)
4月 1日
介護保険制度施行に協力すため在宅療養部会を新設
市民の在宅医療介護支援を実施
1999年(平11)
9月
茨木市薬剤師会「機関紙ひまわり」第1号を発刊
1999年(平11)
10月
茨木市災害対策備蓄衛生資材(含医薬品)の毎年2~3回点検の開始
2001年(平13)
4月
茨木市の介護保険認定審査委員にケアマネージャー等10名が
委嘱され審査活動を開始
2003年(平15)
4月
社団法人茨木市薬剤師会長兼大阪府薬剤師会支部長に山道幸徳が就任
2003年(平15)
4月
官民薬薬連携事業スタート(保健所、15の市内の病院、茨木市薬剤師会)
2003年(平15)
4月
茨木市介護保険認定審査委員の委嘱を15名に増員
2004年(平16)
6月
三島医療圏の薬剤師会と保健所・病院・在宅等薬剤師の連携強化システムを構築
2004年(平16)
7月
学校薬剤師の空気汚染検査にホルムアルデヒド等の項目を加え検査の充実を図った
2004年(平16)
9月
新たに定款及び各規則類と会員名簿を整理し刷簿として発刊した
2004年(平16)
10月
第37回 日本薬剤師会学術大会に参加(青森)
2004年(平16)
10月
介護保険制度に対応する「まちかど相談薬局」事業を新たに開始した
2004年(平16)
11月
済生会茨木病院にFAXコーナを設置し院外処方せんを全面的に受け入れ保険薬局の充実を図った
2005年(平17)
5月
薬物乱用及び禁煙の市民教育指導者として積極的に参加する施策を開始した
2005年(平17)
8月
事務長を設置し事務管理の強化充実を図った
2005年(平17)
10月
第38回 日本薬剤師会学術大会に参加(広島)
2006年(平18)
3月
健康・介護まちかど相談薬局事業市民フォーラム「介護予防」講演を
茨木クリエイトセンター(収容人員450)で主催した
2006年(平18)
10月
第39回日本薬剤師会学術大会に参加(福井)
2007年(平19)
4月
社団法人茨木市薬剤師会会長及び社団法人大阪府薬剤師会茨木支部長に中西康良が就任
2007年(平19)
10月
第40回日本薬剤師会学術大会に参加(神戸)
2008年(平20)
10月
第41回日本薬剤師会学術大会に参加(宮崎)
2009年(平21)
3月
市民フォーラム「現在の若者を取り巻く薬物問題」講演を茨木市福祉文化会館で主催した
2009年(平21)
10月
第42回日本薬剤師会学術大会に参加(滋賀県 大津市)
2010年(平22)
10月
第43回日本薬剤師会学術大会に参加(長野県 長野市)
2012年(平24)
10月
第45回日本薬剤師会学術大会に参加(静岡県 浜松市)
2013年(平25)
9月
第46回日本薬剤師会学術大会に参加(大阪府 大阪市)
2014年(平26)
4月
一般社団法人へ移行「一般社団法人 茨木市薬剤師会」 に改称し、移行登記
2014年(平26)
10月
第47回日本薬剤師会学術大会に参加(山形県 山形市)
2015年(平27)
6月
一般社団法人茨木市薬剤師会会長及び一般社団法人大阪府薬剤師会 茨木支部長に 望月 道彦 が就任
2015年(平27)
11月
第48回日本薬剤師会学術大会に参加(鹿児島県 鹿児島市)